ホーム>スタッフブログ>ハイキング・トレッキング>雲龍渓谷

雲龍渓谷

日光雲竜渓谷下見に行ってきましたよ!

いよいよ今週末、1月21日㈯から始まるツアーに向けて下見に行ってきましたよ~(1/14)

メンバーは県内のアウトドアガイド事業者で組織する雲竜渓谷利用事業者安全協議会と栃木県山岳連盟さん。

201711711250.jpg

毎年、大雨での土石流で川の流れが変わったり、砂防堰堤等の工事などでルートが変わったりするので・・・安全確認は重要ですsign01

201711711541.jpg20171171162.jpg

201711711626.jpg

山岳連盟の皆さんから情報や技術を学びスキルアップも。

20171171183.jpg

年末年始はあまり寒くない日光でしたが先週からの寒波の影響で良い感じになってきましたsnow

2017117111143.jpg

これから大寒、ますます凍って良い感じになるでしょう~

皆さんも準備をしっかりと楽しんでくださいね。

 

日光雲竜渓谷の様子2016.1.16

今日は地元の山岳連盟の方々に同行させていただき、今シーズン2回目の下見に行ってきました。

201611618932.jpg
ここ数日の冷え込みで、前回よりは各段に氷が大きく育ってきています。

201611618950.jpg2016116181020.jpg
2016116181055.jpg201611618110.jpg

このまま冷え込みが続けば、来週のツアー開幕までにはさらに氷も大きく育っていることでしょう。

2016116182923.jpg2016116182933.jpg

ツアーで案内するのは写真右の雲竜瀑が見えるところまでなのですが、山岳連盟の方達は滝下まで氷瀑を登っていきます。上に行くには、通常これが正規のルートなのです。 ※ここを右に巻いて登るルートがWeb上で多数紹介されておりますが、このルートは大変危険とされており、地元山岳連盟からもツアーでは使わぬよう指導を受けておりますので、上級者の方でもあまりお勧めいたしません。数年前、滑落で大怪我をされた方もおります。俺は上級者だ!という方はザイルを張って正規のルートで登ってください。

また、写真左のツバメ岩の氷柱は日中は気温が上がり、陽が当たると氷が融けて落ちてくるので、氷柱の真下や裏側には入らぬよう、山岳連盟からも指導を受けておりますので、マナーやルールを守り、安全な登山を心掛けいただきますよう、お願い致します。

201611619135.jpg2016116181113.jpg

帰りは雲竜瀑がよく観えるビューポイントにちょこっと寄り道をしてから下山しました。
滝好き・写真好きの方にはたまらないポイントなので、2/14のフォトトレックツアーの時には、ここもご案内しようと思います。

来週のスタートが待ち遠しいです♪ 今シーズンも安全に楽しくガイドいたします♪
‪#‎雲竜渓谷‬ ‪#‎雲龍渓谷‬

雲竜渓谷 現況報告 2016.1.6

今日は県内のガイド事業者で組織する雲竜渓谷利用者安全協議会で年明け初の現地下見に行って来ました。
今年は暖冬で、1月とは思えないほど雪が少ないため、まだそう期待も上がりません。

ちなみに左の写真は本日、右の写真は昨年の同じ時期のもの。

20161616323.jpg201616163233.jpg

友知らずの渓谷も昨年と比べると全然違います。(左は本日、右は昨年1/9)

201616163930.jpg201616163953.jpg

ツバメ岩もまだ氷柱が下まで伸びていません。(左が本日、右は昨年1/9)

20161616427.jpg201616164522.jpg

自然が相手ですからこればかりは我々人間にはどうすることもできません。
今後の冷え込みに期待するというか、祈願したいところですbearing

チャレンジ!雲龍渓谷に参加を考えている人へ~❤そと×女子スタイル❤

今回そと×女子スタイルでは雲龍渓谷トレッキングを企画しました。

チャレンジ!雲龍渓谷

そう、そと×女子スタイルではチャレンジです。

なぜなら普段は龍王峡、隠れ三滝、月山など初心者向けの企画だから。

201512813552.jpg201512813642.jpg201512813723.jpg

雲龍渓谷はこんなところです

201512813843.jpg201512813917.jpg

全行程約10㌔歩行時間6.5時間 途中、沢を渡ったりもします

201512813943.jpg

がんばったご褒美にこの絶景を見ることができるshine・・・写真は2015年2月11日撮影

集合時間は朝8時に東武日光駅前ということで、前泊したい~という方へご紹介。

日光のゲストハウスといえばJR日光駅前の”巣み家”さんステキなご夫婦がやっています。

そして九州から日光でゲストハウスをやりたい!と開業したNikkosan BackPackers Innこちらは東武日光駅から歩いてすぐ。

ホテルでゆっくりした~いという女子におススメはこちらのサイトをご覧ください⇒るるぶトラベル 日光女子倶楽部 特典がいっぱいの宿泊先の紹介です

他にも今月号の女性誌「FRaU」 ほろ酔い女子旅 鬼怒川周辺、星野リゾート「界 鬼怒川」

201512814012.jpg

OZ マガジン トリップ 絶景と温泉

2015128135942.jpg

などの雑誌や

会員(無料)になると特典があるNIKKO FAN や女子向け情報の日光女子倶楽部などもぜひ見てくださいね~ 

※HPは今月中旬から。それまではfacebookページをご覧ください。

 

雲龍渓谷トレッキングツアー 2/11

今シーズンラストの雲龍渓谷トレッキングツアーは満員御礼full
県内は地元日光市・宇都宮市・小山市・鹿沼市・那須塩原市より男性3名・女性5名、県外は東京・埼玉・千葉・群馬より男性2名・女性3名の総勢13名のみなさん。
天気も快晴ですsun
2015.2.11.01.jpg2015.2.11.02.jpg2015.2.11.03.jpg2015.2.11.04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早川谷は穴場なのでゆっくり写真が撮れましたが、他はどこも混み合っていて、なかなかまとまって集合写真を撮るチャンスがありませんでした。それでも皆さん少ない時間の中、それぞれに自分好みのアングルと被写体でシャッターを押しまくっていましたcamerahappy01
2015.2.11.06.jpg2015.2.11.05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今シーズンも約2週間半、たくさんのお客様にご参加いただきましたが、ケガ人や事故もなく、無事に全ツアーの日程を終えることができましたhappy02
ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございましたnote また、今シーズンご参加いただけなかった方は、来シーズンまでお待ちくださいshine
来シーズンは、夜明け前に出発して雲龍渓谷で日の出を迎える早朝日の出ツアーを開催日限定で企画いたしますので、お楽しみにnotes

担当ガイド:ウッキー・キョウコ

雲龍渓谷トレッキングツアー 2/10

本日は青空が広がる中、東京、埼玉、群馬、県内から8名の方々と雲龍渓谷を目指しましたpunch

ガイドのアイゼン歩行の注意点、渡渉の仕方などの説明を皆さん真剣に聞いておりますsign01

2015.2.10 (1).jpg

2015.2.10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩壁と雪に囲まれながら、道中みんなで「イエ~ィpaper」     早川谷にもちょっと寄り道good 氷が青白いshine

2015.2.10 (2).jpg

2015.2.10 (3).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の作りだす芸術にカメラのシャッターを切る音がが止まりませんpaper 天気もサイコ-sun

2015.2.10 (4).jpg

2015.2.10 (5).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青空と雲龍爆をバックに記念撮影camerashine

氷も良い状態でみんなを迎えてくれましたscissors            下界の景色も最高でしたgood

2015.2.10 (6).jpg

2015.2.10 (7).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雲龍渓谷の氷柱は毎年感動を与えてくれます。

ぜひ、また遊びにきてくださいwink

 

本日はありがとうございました。

 

担当ガイド:ウッキー、はちべぇ

雲龍渓谷トレッキングツアー 2/9

本日のゲストは、今シーズン最遠方の兵庫県からご参加の方と、東京から、そしてFM横浜の番組The Burn(ザバーン)登山部の皆さま。
スタートからテンション上がっていま~すup
2015.2.9.01.jpg2015.2.9.02.jpg2015.2.9.03.jpg2015.2.9.04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気は良かったのですが、寒波の影響で気温が上がらなかったので、氷にとっては最適でしたが、人間にとってはじっとしているとあっと言う間に体が冷えてしまうような寒さでしたshock
2015.2.9.05.jpg2015.2.9.06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Burnさんの方でもこの日の様子をブログで詳しく報告していただいておりますので、是非ともご覧ください!

担当ガイド:コロスケ・あずき・キョウコ

雲龍渓谷トレッキングツアー 2/8

本日は県内、東京、千葉、埼玉、茨城の関東近郊からお集まりいただいた12名の皆さまとスタートしましたup

長い林道はみんなでわいわいとおしゃべりしながら楽しく歩きますnotes

2015.2.8.01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洞門岩からアイゼン、ヘルメットを装着し、沢沿いへ入りますpunch

ここから渡渉するポイントが何箇所かでてきます。慎重に慎重にsign03

ところどころに氷柱もできていて、歓声があがるとともにテンションもup

2015.2.8.07.jpg

2015.2.8.09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.2.8.04.jpg

渓谷へと入り見えてきたのは「友知らず」の氷壁shine

かつては、仲間の心配をする余裕もないほど厳しい谷で、

通るのが大変だったことからその名前がつきました。

 

 

参加者のテンションもさらにアゲアゲupup

2015.2.8.02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、本ツアーの目玉、「ツバメ岩」と「雲龍爆」での集合写真camerashine

2015.2.8.05.jpg

 

 

このスケール感に皆さん、驚嘆の声があがりますsign03

雪も降っていたので冬らしい雲龍渓谷の景観を存分に見ることができましたsnow

 

2015.2.8.06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青空の元の氷柱も素敵ですが、雪をまとった氷柱も雰囲気抜群で素敵です。

最近の寒さで氷柱も大きく立派な姿を見せてくれましたgood

 

本日はありがとうございましたhappy02

 

 

担当ガイド:ウッキー、コロスケ

雲龍渓谷トレッキングツアー 2/7

本日も晴天なりsun 本日は東京・神奈川・埼玉・宮城から、県内は宇都宮市・真岡市から男性7名・女性6名の総勢11名の方をゲストにツアーをおこないましたnotes
この日はおそらく今シーズンいちばんの入渓者数wobbly 登山口手前からどこもかしこも激混みでしたsign03
2015.2.7.01.jpg2015.2.7.02.jpg2015.2.7.03.jpg2015.2.7.04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長~い林道の道のりも、楽しくおしゃべりをしながら歩けば意外とあっという間。スタート前に簡単に自己紹介をしてもらうので、お一人で参加された方も、意外にご近所さんだったりすることもあったり、共通の山の話で盛り上がったりすることもありますhappy02
2015.2.7.05.jpg2015.2.7.06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒波の影響で氷もまた少しずつ大きく成長しています。皆さんも最高の景色が観られて大満足の表情ですhappy01
ご参加ありがとうございましたnote

担当ガイド:コロスケ・ウッキー・キョウコ

Foxfieコラボ 雲龍渓谷トレッキングツアー 2/5

本日はFoxfire FKD宇都宮店さんとのコラボ企画での開催となりましたnote
参加者は県内から7名(男性3・女性4)、県外から4名(全て女性)の、総勢11名でのツアーとなりましたhappy01
あいにく小雪snowがチラつく天気となってしまいましたが、冬なのでこういう日があっても当然と言えば当然なのです。おかげで、一般の入渓者は今シーズンではいちばん少ないくらいでしたので、どこもかしこもガラガラに空いていましたnotes
2015.2.5.01.jpg2015.2.5.02.jpg2015.2.5.03.jpg2015.2.5.04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/5といえば、ガイドの“あずき”の3?歳のバースデーで、ここ数年はあえてバースデー雲龍ガイドを担当していますが、この日も恒例?となりつつあるバースデーケーキを“ウッキー”がこっそりと持ってきて、皆さんでバースデーソングを歌い、お祝いをしていただきましたnotes
もちろんケーキは皆さんにもふるまいましたbirthday
2015.2.5.05.jpg2015.2.5.06.jpg2015.2.5.07.jpg2015.2.5.08.jpg2015.2.5.09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆さんに誕生日の祝福をしていただき、幸せ者の“あずき”ですhappy02

今後、参加者の方に当日お誕生日の方がいらしたら、サプライズ演出があるかも知れませんshine

皆さま本当にありがとうございましたnote

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当ガイド:あずき・コロスケ・ウッキー