栃木百名山 大佐飛山下見 4/10

栃木百名山下見第3段。 いよいよ本番ですsign03

栃木で最も遠い山とも言われる大佐飛山(1908.4m)へのチャレンジです。rock

地形図で行程を見るとわかりますが・・・・・6つの山を経由しての道のり・・・・・長い・・・coldsweats02

大佐飛 (1).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ薄暗い中(AM4:30sweat02)・・・長い長い一日の始まりです。

ヘッドライトで足元を照らしながら、ハシゴを登って急斜面を登るハードなスタートでしたsweat01

大佐飛 (2).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 約30分歩くと太陽が昇ってきました。山から見る日の出はとても神々しい感じがしました。shine

大佐飛 (3).jpg大佐飛 (4).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日の昇る中、まず1つ目のピーク「三石山(1257m)」に到達sign01

朝日に照らされ、清々しい気持ちで気合いが入りますrock

大佐飛 (5).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

尾根筋にはまだまだたっぷりの残雪が残っていました。

アイゼンを履いて、きれいなダケカンバの樹林帯を抜けていきますup

大佐飛 (7).jpg

大佐飛 (6).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つめのピーク「サル山(1467m)」       3つめのピーク「山藤山(1588m)」

大佐飛 (8).jpg大佐飛 (9).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

尾根道は遠方の山々まで見渡せ、最高の展望でした。shine

何度も足を止め、ついつい見とれてしまいましたeye

大佐飛 (10).jpg大佐飛 (11).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは先日登った那須連山の展望です。

朝日岳、三本槍岳のピークも見え、1週間前にはあそこにいたんだ…と感慨深かったですhappy02

大佐飛(10)2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいな景色に見とれているうちに、4つめのピーク「黒滝山(1754m)」です。 

大佐飛 (12).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

黒滝山を越えた辺りで進行方向が変わるので少々迷い、時間をロスしましたが何とかルートに戻れました。

 

その後は、また両側の展望がすばらしいこんな尾根道を進みます。雲ひとつない空の「青」と辺り一面の雪の「白」shine

大佐飛 (14).jpg

大佐飛 (13).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5つめ、「西村山(1775m)」     大佐飛 (15).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ気持ちの良い尾根道が続きますscissors   疲れも吹き飛びハイテンションup

大佐飛 (16).jpg

大佐飛(17)2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6つめのピーク「大長山(1866m)」  いよいよ残すところ、本日の目的地「大佐飛山」のみとなりましたrock

大佐飛 (17).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大長山から大佐飛山へと向かう最後の尾根道。 

体は疲労がたまってきていますが、この天気と展望が体を後押ししてくれますgood

大佐飛 (18).jpg大佐飛 (19).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ようやく着きましたsign03 念願の「大佐飛山(1908m)」 

往路5時間30分sweat01    栃木で最も遠いと言われる山・・・確かに・・・遠かったですcoldsweats01

でも、この景色と展望。 それだけの価値がある山だと思いますsign03sign03

大佐飛 (21).jpg大佐飛 (20).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

下山途中、雨粒がほんの少し落ちだしましたsweat02

大佐飛山方面を見るとさっきまでとはうって変わって暗くなっています。 山の天気ですねcoldsweats02

 

復路約4時間sign01 少々のロスがありましたが、トータル約9時間30分sign03 なかなかのペースでしたscissors

道中、背の高い笹原を抜ける箇所も多くあったのでやはり残雪の残るこの時期がベストなのでしょうbleahgood

体力的にはハードですが、1年に一度は登りたいと思える山でしたrunshine