2021.5.8(土)NPP企画第二弾! 続・禅頂行者道 その壱 日光連山に見守られて 薬師岳・大木戸山・三ノ宿山 

 

去年開催された 禅頂行者道(行者岳・大岩山・唐梨子山・地蔵岳・夕日岳・薬師岳)続編です

今回は細尾峠1193mを出発し、薬師岳まで登り、そこからのスタート!!

薬師岳1420mから丸山ー大木戸山ー三ノ宿山を経て和の代へ
(下りルートで入山する場合は、支尾根に迷い込みやすいポイントがあるのでご注意ください)

行程的には約10キロですが、アップダウンを繰り返し疲労度MAXの健脚コース👏🏻

心配されていた天候も曇りもしくは雨予報からの一転

晴天予報に切り替わり、とてもすばらしいトレッキング日和となりました!

まずは細尾峠から薬師岳へ
1時間ほどの登りを
眼下に広がる風景や
ミツバツツジに励まされながら進みます

足元に広がる足尾の風景

芽吹いたばかりの新緑に包まれてとっても気持ちいい

そこから新緑の境目を越えて

薬師岳山頂へ

ここからは標高1420m から660mまでアップダウンを繰り返し一気に下ります。

 

 

 

 

一気に視界が広がる場所へ
そこは
薬師岳と丸山の稜線が一番低くなった鞍部

約1090mヒノキガタァー(いろいろな場所で見かけるタァーとは鞍部の意味だそうですヨ)に

・明神が岳にもありましたね!?ヨガッタァー!!

ここはかつて日光側細尾村と草久村側蕗平を結んだ鞍部だそうです ※日光修験三峯五禅頂の道 参照
目の前にはドカーンと夕日岳が!
二基の金剛堂と一基の山神もひっそりと。。

姿を見せ始めた

大きな株を持つシロヤシオに

足が進みません(笑)

 

スタートから約3時間
一度1090mまで下げた標高を1242m丸山まで上げます
そして大木戸山

 

 

1286m大木戸山を越え

山神と

金剛堂(合掌した石仏)のある

佐ノ宿へ

次々に現れる

色とりどりのカラーを

楽しみます

そこから30分ほどで最後のピーク三ノ宿山1229mを過ぎ、1188Mを経て五葉ノ宿へ入ります
ここまで約5時間半(汗)

パチリ

パチリと

写真撮影が

一向に止まりません

 

これだけ美しかったら

仕方ないですよね(笑)

更に標高を下げ、一面オレンジのヤマツツジゾーンへ
ここまで来たらゴールまであと少し!
ラストスパートです!
眼下に色がる風景も目前に!

 

 

1193m細尾峠から始まり

1420m薬師岳を経て

1090mヒノキガターの鞍部へ下り

1242m丸山へ

1286m大木戸山を越え

最後のピーク1229m三ノ宿山へ

そこから660m和の代まで下りゴール🥇

アップダウンの連続に疲労困憊になりつつも、、
湿度の高い暑さにめげながらも、、
人知れず咲き誇るつつじの群生に出会えた感動は素晴らしい物でした!

今回も!

ご参加の皆さん♪

とーってもニコニコな笑顔と素敵な一日をありがとうございました!!

担当ガイド コロスケ・はちべー