新型コロナウイルス感染予防対策について

日頃より弊社をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染防止に対し、弊社では、お客様、お取引先様、従業員とその家族の安全確保と健康維持に向け、関係機関のガイドラインに基づき独自の対応して参ります。ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

基本的対策

  • 従業員とお客様及びお客様同士との接触をできるだけ避け、対人距離を確保(極力2mを目安に)
  • 感染防止のための来店人数の調整
  • 店舗入り口及び店舗内の手指の消毒設備の設置
  • マスクの着用
  • 店舗等の換気
  • 店舗内の定期的な消毒
  • お客様に感染防止対策を周知・啓発し、対策の実行への理解と協力を依頼

各場面の共通事項

1.店舗内
・他人と共有する物品などの頻繁に触れる機会を減らす工夫
・複数の人の手が触れる場所を定期的に消毒
・人と人とが対面する場所は、アクリル板・透明ビニールカーテンなどで飛沫感染を防止
・お客様や従業員がいつでも使えるようにアルコール消毒を店舗内に設置
・手洗いや手指消毒の徹底

2.ツアー中  
・お客様、サービス提供事業者従業員の中に無症状感染者がいることを踏まえて、感染防止策を図る

お客様向けの対策

【来店時】
・入り口及び店舗内に手指の消毒設備(アルコール等)を設置する
・入店の際に手指の消毒を依頼する
・店舗内では、マスクの着用を依頼する

【申し込みカウンター】
・間隔をあけた待ち位置の表示

【申し込み待ち時】
・間隔をあけた待ち位置の表示

【申し込み中】
・カウンターにアクリル板・透明ビニールカーテンなどを設置し、スタッフとお客様の間での飛沫感染を防止

【申込書記入時】
・記入台、筆記用具等の頻繁な清拭消毒

【代金の支払い等】
・代金の支払いは、振り込みやカード等、キャッシュレスを促進

【店舗内清掃】
・アルコール溶液や市販されている界面活性剤含有の洗浄剤や漂白剤溶液を用いて清掃
・不特定多数が触れる環境表面を、始業前、始業後に清拭消毒
 

従業員等向けの対策

【健康管理】
・出勤前に体温や症状の有無を確認
・発熱や具合が悪く自宅待機となった従業員の健康状態を毎日確認

【通勤】
・在宅勤務(テレワーク)や時差通勤等、人との交わりを低減する取組については、最低7割、極力8割という接触削減の目標達成に向けて出勤者を7割に減らすよう努める

【勤務】
・従業員等に対し、始業時、休憩後を含め、定期的な手洗い、うがいを徹底すること。また、手指消毒液を配置する
・従業員等が、できる限り2メートルを目安に、一定の距離を保てるよう、作業空間と人員配置について最大限の見直しを行う
・従業員等に対し、勤務中のマスク等の装着を促す
・他人と共有する物品や手が頻回に触れる機会を減らす工夫をする

【休憩・休息】
・休憩休息をとる場合には、屋外であっても2メートル以上の距離を確保するように努める
・休憩室に設置されているテーブル、椅子、自動販売機、給湯機等は、アルコール等による清拭消毒を頻繁に行う

【設備・器具】
・従業員が触れる機器について、従業員等が後退するタイミングを含め、定期的に消毒を行う
・ペーパータオルを設置するか、個人用にタオルを準備する
・建物全体や個別の業務スペースの換気に努める

【従業員等の意識向上】
・従業員等に対し、感染防止対策の重要性を理解させ、日常生活を含む行動変容を促す

※本対応に関する参考資料
・日本スポーツ協会「スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」
・日本旅行業協会「旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)」

有限会社ネイチャープラネット 代表取締役 坂内 剛至